空蓮房 ー仏教と写真ー 谷口昌良・畠山直哉
5e1eb05e707cec18461cb3cb 5e1eb05e707cec18461cb3cb 5e1eb05e707cec18461cb3cb 5e1eb05e707cec18461cb3cb 5e1eb05e707cec18461cb3cb 5e1eb05e707cec18461cb3cb

空蓮房 ー仏教と写真ー 谷口昌良・畠山直哉

¥2,750 税込

送料についてはこちら

「実体は固定されない。影は固定される。」ー仏教と写真の邂逅と対話。 2006年に、谷口昌良が寺院の一角に瞑想のための空間として構えた「空蓮房」。 そこで開かれた写真展示を振り返り、その活動と書かれた言葉に思いを巡らす。 谷口が仏教と写真術を同時に考えて語る理由や意義を、畠山直哉によって 「翻訳」し「解釈」したものでもある本文は、いま写真芸術に最も必要とされることは何なのか、 その深化した議論を喚起するための問いかけであり、「祈り」である。 【目次】 「無常光下の人像」およびいくつかの文章について 「空点からの放光線」について 「日本人であることの写真」について 対話 谷口昌良×畠山直哉 空蓮房 Archive・展覧会一覧